こんにちは!柏原市住宅建築、リフォームの達人 姥 工務店です。
今回は、河内長野市のF様邸より、和室から洋室への改装リフォームをご依頼いただきました。

畳の部屋はゴロンと横になれて便利なのですが、押入れや床の間など、現代の暮らしでは少し使いづらい、というお声も良く耳にします。
使えず持て余している和室は、洋室にリフォームして、お部屋の用途を広げませんか?

Fotolia_65953076_Subscription_Monthly_M ※和室の写真はイメージです。

● 内装リフォーム概要 ●
【エリア】:大阪府河内長野市




【内容】:・畳をフローリングに張り替え
・押入れをクローゼットに改装
・壁紙の張り替え




【工期】:2日




【ご要望】
使っていなかった和室を子ども部屋に改装したい、とご依頼いただきました。
洋室に合うよう壁紙や、押入れのリフォームも同時に実施。
床材や壁紙は、お子様のご要望も伺いながら、ご家族でカタログを見て決めていただきました。

【和室から洋室のリフォームポイント】
◎畳からフローリングに張り替え
既存の畳を撤去し、フローリングを施工します。
ただし、畳とフローリングでは厚さが違うため、そのまま施工してしまうと部屋の外と中で段差が生じてしまうことに。
段差ができるのを防ぐために、高さを調整した新しい下地をつくり、その上にフローリングを張っていきます。
このような処理をきちんとしないまま張り替えだけを行って、段差が残ってしまっているケースも、実は結構多いのです。

◎押入れをクローゼットにリフォーム
押入れのままではお部屋の調和が取れないので、洋風のクローゼットにリフォームを行います。
今回はふすまを木製の建具に交換しましたが、コストを抑えるために塗装を行ったり、壁紙を張って洋風に魅せることも可能です。
長い衣服などを収納することを考え、邪魔な押入れの中段は撤去。
ハンガーパイプを取り付けて完成です。

◎壁紙の張り替え
古くなった壁紙も張り替えて、お部屋をリフレッシュ。
今回のF様邸はもともと壁紙が施工されていたので、問題なく張り替えできたのですが、和室に多い土壁や板壁、板天井の場合は、下地処理が必要。
壁紙が張れる状態に改修する必要がありますので、ご要望や壁の状態に応じて対応しています。

▼完成!フローリングはホワイトカラーにして、さわやかな印象のお部屋になりました!
pixta_15708453_M
柏原市の姥工務店では、近隣の河内長野市をはじめ、各エリアに地域密着でお伺いしております。
和室から洋室へのリフォームはもちろん、そのほかお住まいのリフォームのことなら、どうぞお気軽にご相談ください。


柏原市・羽曳野市で水回りリフォーム・内装リフォームは姥工務店

【TEL】 072-971-6555
【所在地】 大阪府柏原市太平寺1-10-18
【メール】 お問い合わせ≫
【対応エリア】柏原市、羽曳野市、富田林市、河内長野市、奈良県王寺町周辺
【取り扱いリフォーム】
>>プチリフォーム / >>キッチンリフォーム / >>お風呂リフォーム / >>トイレリフォーム / >>洗面所リフォーム / >>内装リフォーム / >>新築 / >>増改築 / >>ガーデンエクステリアリフォーム / >>外壁塗装

LINEで送る